10月例会 未来を切り拓く経営者への道 ~ステップ!~「中小企業に多い法的課題」

去る10月22日、10月例会 未来を切り拓く経営者への道 ~ステップ!~「中小企業に多い法的課題」と題して10月例会が開かれました。
講師には(社)気仙沼青年会議所メンバーである東法律事務所代表弁護士東忠宏氏に担って頂きました。内容と致しましては、労働条件に関する解雇についてやパワハラ、セクハラの慰謝料問題、震災における避難過呉での使用者責任の発生。時間外手当や残業問題などの雇用トラブルによる労働審判は労働契約並びに就業規則の作成が大前提である事や、債権回収における消滅時効の存在から契約書の重要性。顧客クレームは想定していた認識の違いから起こるトラブルなど。それぞれ具体的に事例を交え分かりやすくご教授頂きました。又、メンバーに後継者が多いという事で相続問題についても触れ、最後にこの圏域は従業員の横領がかなり多いという統計もお話戴きました。   
トラブルを回避、対処するには、まず双方の理解が得られるような十分な話合いを持った上で見解の一致がどの場面においても大事であり、事前に書面等での記録を残す事も非常に大事であると改めて学びました。質問も活発に飛び交うなど、一人ひとりが真剣に学ぶ姿勢が感じられる質の高い例会であり、経営者の危機管理能力と責任を問われたまさしく未来を切り拓き、地域を牽引していく彬々とした経営者へのステップになったと確信しております。






本日新入会員として承認された三浦寮君です。よろしくお願いします。




本日の講師、東弁護士。







社団法人 気仙沼青年会議所: 10月例会 未来を切り拓く経営者への道 ~ステップ!~「中小企業に多い法的課題」
http://www.kesennuma-jc.or.jp/cms/article.php?story=2012123018101312