『さぁ身に付けよう!情報発信力~気仙沼青年会議所の魅力を発信せよ~』4月例会が開催されました。


令和3年4月17日

『さぁ身に付けよう!情報発信力~気仙沼青年会議所の魅力を発信せよ~』と題しまして、大竹青年会議所中野友博副理事長を講師としてお招きし、4月例会が開催されました。

本会は新型コロナウイルスの影響も勘案し、入口での検温・消毒・仕切りの設置・休憩時間での換気などを行い、zoomを利用したオンラインの参加では、本会会員はもとより大竹青年会議所のメンバーの皆様を含め、全国より青年会議所のメンバーが参加されました。

「効果的な情報発信力を身に付ける」、「主体的に情報発信をする意欲を高める」ことを目的に、相手に伝わる情報発信の仕方やパーソナルブランディングについての必要性、メンバーの魅力の共有、明日からの決意表明などを講演やワークショップを通して学びました。

講演の中で「発信の本質は想いの熱量」だとあったように、今後、熱量をもって相手に伝わる、相手に刺さる情報や表現を意識して取り組んで参りたいと思います。

中野副理事、貴重な学びの機会・学びを場を共に作ることが出来て、本当にありがとうございました。

編集後記

4月例会にご参加していただいた気仙沼青年会議所のメンバーの皆様、オブザーブとしてご参加していただいた大竹青年会議所をはじめとする各地青年会議所の皆様ありがとうございました。そして講師をしていただいた中野副理事長大変熱い素晴らしい講演ありがとうございました。

この例会の学びを得て、気仙沼青年会議所の魅力をもっともっと発信できるように努力して参ります。まずは気仙沼青年会議所を好きになること、そしてこれまで以上にメンバーとコミュニケーションを取り、魅力を知っていきたいなと思います。

廣野理事長をはじめ理事者の皆様、委員会メンバーの皆様のおかげで無事例会を終えることができました。

本当にありがとうございました。

                    総務広報委員会 委員長 髙橋直之