総務広報委員会 委員長(予定者) 髙橋 直之

基本方針(案)

 気仙沼JCは、様々な広報活動を取り入れながらJC運動や活動を展開し対外に向けて情報発信をして参りましたが、地域住民の我々に対する理解や関心がまだ低いことから正しく認識されているとは言い難い状況にあります。組織が正確に理解、認識されることはJC運動の礎であり、メンバー一丸となって情報発信量の増加と質の向上やメンバー各々のブランディングを推進し地域に根差した魅力的な団体として認知されることが必要です。

 まずは、我々の運動や活動をより多くの人に伝えるために、既存のホームページやSNS等の情報ツールを活用し対外に向けて継続的に情報発信を行い、地域住民から魅力的な団体として認識を深めていただきます。そして、組織だけではなくメンバー一人ひとりが他者から理解や信頼を得て認知度を向上させるために、自身の特長と専門性を活かし他者をより惹きつけることができるパーソナルブランディングについて学ぶ例会を開催し、自己分析から自身のブランドを構築し効果的に発信を行うことで、メンバーの独自性と価値を高めます。さらに、地域密着を志す団体として認識されるために、地域創生に向けて柔軟な発想とアイディアをもつ当地域の若者たちに発表の場を設ける例会を開催し、若者たちが想う当地域の魅力をマスメディアに向けて発信し、地域課題に対する姿勢を広く認知させるとともにJCの存在意義を高めます。また、JC活動に尽力した2021年度卒業予定者の皆様の新たな門出を祝い、会員メンバーの活動意欲と情熱を高めるために、卒業例会を開催し、卒業予定者の皆様を祝福するとともにJC活動に対する熱意を継承します。

 メンバー各々のブランディングの推進とJC運動や活動の情報がより多くの地域住民に届き、理解や信頼を得て魅力ある団体として認知された我々は、情報発信を通じて地域に必要とされる人材へと成長を遂げ、地域・会社・家族を幸せにする三方よしを実現します。

事業計画(案)
  1. ホームページ・SNSへの情報発信
  2. パーソナルブランディングを学ぶ例会の開催
  3. 当地域の若者達の発表の場を設ける例会の開催
  4. 卒業例会の開催